おすすめのネット通販を紹介!ロゴ



ネット通販で購入した商品を受け取る方法ってどんな種類があるのでしょうか。
ネットで買った商品は、必ず自宅に届くと思っている人も多いのですが、最近では、郵便局の窓口や宅配便の営業所などで受け取ることができるようになっています。
更に大手の通販業者ではコンビニでも受け取りが可能で、家にいなくて届けられても困ると言う人も多いと思いますが、自分にあった受け取りを選択することが出来ます。
自宅以外で受け取る場合には、身分証明書などが必要になってきますが、学生の方は、保険証などで受け取り可能ですが、それをもっていけない場合には、自宅で受け取るのがお勧めとなっています。
自宅で受け取る場合には、基本的に商品が届いて印鑑を押せば商品を受け取ることがでるのですが、子供などが開けてしまうこともあるので、そんな場合には、自宅に届かない方法を選ぶようにしましょう。
問題ない場合は、自宅に届けてもらうのが一番手間もかからず良いと思います。

郵便局に預かってもらう場合ですが、ネット通販業者により対応していない場合もあるので、きちんと確認しておく必要があります。
ゆうパックなどを取り扱っている場合には、郵便局留めで郵便局が預かっていて、届いた際に連絡が届く場合と届かない場合がありますので、追跡番号などで確認するようにしましょう。
家族に知られたくない荷物の場合には、メリットがありますが、預かりは10日と決まっていて、その間に取りに行くことが出来なかった場合には、業者に返品されてしまうこともあります。
また、受け取りに行く際には、身分証明書を持っていき提示する必要があります。
宅配便なども営業所で預かってくれるサービスがありますが、注文した商品の発送と同時に追跡番号を確認しておくようにして、商品が届いているかどうか自分で確認する必要があります。
更に、荷物を1週間以内に取りにいかなかった場合には、1週間程度で返送されてしまうこともあるようです。

また、荷物の受け取りには、身分証明書が必要で印鑑を要求されることもありますので、荷物の受け取りの際には、準備しておくようにしましょう。
郵便局やヤマト運輸などは多くの営業所があり便利ですが、営業時間に差があるのできちんと把握しておく必要がありますし、ヤマト運輸の場合には、21時までとなっています。
最近では、大手の通販業者はコンビニ指定ができるようになっています。
受け取る時間帯も24時間で、忙しい方でも便利に使うことができて、自分の近くを選択することもできて便利です。
ネット通販業者によっては、コンビニで受け取ることにより、送料が無料となるところもあり、便利でお得に活用することができていいですよね。
しかし、商品が届いて10日間の預かりになってますので、その間に取りに行く必要があります。
また、メールで届いた暗証番号がないと受け取ることが出来ないようになっているので、メールの確認をきちんと行っておく必要があり、誤って消去してしまった場合には、通販業者に問い合わせを行って、暗証番号を聞く必要のが重要なポイントになります。



トップページ